汚れ と 洗剤   本文へジャンプ
KHC川越ハウスクリーニングが使用する洗剤と豆知識

 「基本方針」は「必要に応じて」
 プロですからかなり強い薬品も用意しています。頑固な汚れ、時間と効果を考えて使用する場合もあります。でも必要最小限にいつも挑戦しています。「ケチ」ではないんですよー!
 環境へのダメージ、素材へのダメージ、スタッフへのダメージ、自分へのダメージ等をなるべく少なくしたいと思っています。
 自分の子供もそうでしたが、アトピーやアレルギーをもった子供たちが増えました。ホルムアルデヒドなどによるシックハウス症候群もよく取り上げられます。
 我々もプロとして常にこうした情報に敏感でなければならないと考えています。いつも

背景無公害型エコ洗剤 「ピア」
○ピアは天然ヤシ油を主原料として、リン酸塩、有害物質(砒素、鉛、水銀、カドミウム等の重金属)、塩素、苛性ソーダ、蛍光増白剤を一切含んでいません。
○北海道で牛乳の自動搾乳機の洗浄用に開発された洗剤です。安全性が非常に高い洗剤です。昔々は手作業で乳搾りをしていたものが、大量生産になり搾乳機を使用し始めたところ細菌が繁殖してしまい出荷できなくなりました。機械の中に残留する牛乳が乳石となってしまい細菌の温床になってしまうことが原因でした。
 口に入るものが通過するものを洗浄する洗剤ですから開発には相当の苦労があったようです。石油系洗剤は使えませんから。泡が少なくて、細いパイプを洗うので、脂肪分やタンパク質の汚れをよく落とすという言わば夢の洗剤の誕生ですね。
背景
○24時間で生分解します。ですから河川や環境への負荷がとても低い洗剤です。哺乳瓶に使用しても大丈夫なくらいです。キッチンの清掃にはなるべくピアを使用しています。
 水垢って何?
 水道の蛇口とか浴室の鏡に白くこびりついたものですね。電気湯沸しの中にもびっしりついていたりします。正体は水の中に溶け込んでいた石灰(炭酸カルシウム)です。(もっと正確に言うとミネラルと呼ばれている si=シリカ、mg=マグネシウム、al=アルミニウム、ca=カルシウム等の混合物の堆積です。)ですから害はないです、ないですけど気になりますね。軽い場合は酢とかクエン酸で落ちます。歯磨きも効果があります。
 

背景ピロキシー(PEROXY)
 酸性の洗剤です。米国の環境基準で最も厳しいグリーンシールを取得しています。
グリーンシールは製品の原材料の採取から最終処分に至るまでのプロセス全てで環境負荷が少ないと科学的に立証できる製品を認定するものです。グリーンシールはISO14024の環境ラベルタイプT(一国に一つだけで日本ではエコマークがこれに値します)で、最も高い信頼性を誇ります。
 さらにピロキシーはウールマークも取得しています。アルカリ性の洗剤を怖くて使えないカーペットにも適正な希釈度でカーペットなどにも使用することが可能です。

背景スモーク&オーダー(smoke&order)
 これ煙草のにおいによく効きます。業務用のファブリーズ、といったところかな?ホテルやレストランでよく使われているようです。中性で無リン、生成分解性界面活性剤を使用しています。持続的に効果を発揮するのは市販のファブリーズとはちょっと違いますね。
 苛性ソーダって?
水酸化ナトリウム(NaOH)の俗称です。5%を超える製剤は劇物に指定されています。強アルカリ性です。 指先につけるとぬるぬるとします。つまり皮膚を溶かしてるんです。油汚れには抜群に威力を発揮します。とは言っても昔はラーメンのこしをだすのにカンスイの代わりに使われたり、手作り石鹸を作るときにも欠かせないものですね。弊社ではもう使用していませんが、昔ながらのお掃除屋さんは白いフレーク状のものを水に溶かして今でも使っています。

背景SPRAY FORM(SF ディグリーザー)
 あらゆる動物性脂肪や汚れに効きます。アルカリ性です。かなり強いので汚れのひどい五徳などに25倍以上に希釈して使用しています。様々な食品工場で使用されています。

背景SPARCREME(スパークリーム)
 クリーム状の研磨剤です。酸性です(ph:2.0-2.5)。石鹸カスの汚れに抜群によく効きます。
宝石に使用するレベルの研磨剤を配合しているので、表面を傷つける心配がありません。
 次亜塩素酸ソーダ(ナトリウム)って?
 プールの殺菌剤の臭いのもとですね。化学記号はNaCIO。その名のとおり塩素系です。
強い漂白・殺菌・酸化作用をもちます。家庭用の台所洗剤にも含まれてます。例えばカビキラーとかキッチンハイターとかですね。
「混ぜるな危険」ってよく書いてありますね。酸性洗剤と混ぜると有毒な塩素ガスを発生します。例えばトイレで使うサンポールとかです。お風呂で死亡事故の例もあります。くれぐれも気をつけて下さい。

   
inserted by FC2 system